買って得する腕時計ガイド

買って得する腕時計ガイド

シチズンの腕時計をしてエコな生活をする

買って得する腕時計ガイド
電気を利用するものを使うとき、何らかの形で電気の供給を受けなければいけないということになります。家電製品などにおいては、コンセントから電気を受けるということになります。一方、携帯式の場合においては、電池を入れることによって供給を受けるということがあります。最近は電池ではなく、充電池による方式のものがあります。コンセントから電気を供給を受けて充電池に電気をためます。その電気で機械を動かすということです。どちらにおいても電気が必要で、さらに電気代も必要になるということです。一般的には、通常の電気よりも電池の電気のほうが高くなっているかもしれません。知らず知らずのうちにランニングコストがかかっているということです。

時計といいますと、機械式と呼ばれるものがあります。こちらに関しては電気を使わないエコなものということになります。ぜんまいを巻くことによって、それにより機械を動かすということです。そのほかには、腕に装着をしている間に勝手にぜんまいが巻かれるというものもあります。こちらにおいては、1日の大半装着しておけば、ほぼ止ることはないということです。こちらも電気を使いませんから非常にエコです。ただし、時間に狂いが発生しやすいといわれています。ですから、1箇月に一度ぐらいは正確な時間とあわせる必要があるということです。きちんとした時間を刻むということになると、どうしても電池を使ったものということになるのかもしれません。

そこで電池からではなく、太陽光から電気を得るというものを紹介します。それはシチズンの製品になります。太陽光などで発電をして、そちらで機械を動かします。夜はどうなるかですが、充電もできますから、そちらから電気の供給を受けます。ですから新たに電気を買う必要がないということです。非常にエコなのですが、それ以外にも、電池に有害金属を使っていないということが特徴です。その面においてもエコということがいえます。

PR情報

Copyright (C)2014買って得する腕時計ガイド.All rights reserved.